導入の流れ

提案から導入まで

ステップ1: 問い合わせ


電話、問い合わせフォームからお問い合わせください。

flow_arrow
ステップ2: ヒアリング・お見積り


現地の、回線やネットワーク環境をヒアリングします。お客様の利用環境をヒアリング後、最適な提案でお見積りいたします。デモのご案内も可能です。

flow_arrow
ステップ3: ご注文


弊社の用意する申し込み書にてご注文していただきます。

flow_arrow
ステップ4: お客様環境準備


電話回線やネットワークの設定をお願いします。

flow_arrow
ステップ5: 導入準備


CT-e1/SaaSセンターでの必要な設定を行います。
・お客様オペレータ番号等の登録   ・音声応答を含めたコールフロー設定

flow_arrow
ステップ6: 導入・設置(現地作業)


現地にて、導入・設置作業を行います。

flow_arrow
ステップ7: 操作説明


操作説明を行い、運用開始です。

flow_arrow
ステップ8: 開通

step_img05_pc


弊社立ち会いのもと、開通します。

flow_arrow
ステップ9: アフターフォロー


開通後の設定変更なども、無償で対応します。

 

お客様環境準備

ビジネスフォンご利用の場合

【1】既設電話回線へDIを登録

CT-e1/SaaSからオペレータを呼び出す際に、オペレータ席の電話機のDI(ダイヤルイン番号)を取得いただく必要があります。
ご利用の回線事業者にお客様からご連絡いただき、導入席数分のDIをご契約ください。

【2】PBXへDI設定

ご利用のPBXで【1】で取得したDI(ダイヤルイン番号)とオペレータ席の内線との関連付け設定を行います。
DIの設定に際し、グループ鳴動の設定が併用される場合、DIでの着信を優先し応答できるよう設定いただく必要があります。着信応答の優先順位が設定できない場合は、グループ鳴動に対する応答は電話機の多機能ボタン操作により行うよう設定変更いただく必要がございます。PBXの保守事業者にお客様から設定をご依頼ください。

【3】ルータ設定

CT-e1/Saaを利用する上で必要なネットワークの設定がございます。御社のネットワーク管理者にコムデザインよりお渡しする【ネットワーク設定書.pdf】をご確認いただき、資料の内容の通信が可能な状態に設定変更をお願い致します。

IP電話ご利用の場合

【1】ルータ設定

CT-e1/Saaを利用する上で必要なネットワークの設定がございます。御社のネットワーク管理者にコムデザインよりお渡しする【ネットワーク設定書.pdf】をご確認いただき、資料の内容の通信が可能な状態に設定変更をお願い致します。

【2】IP電話の用意

オペレータが使用するIP電話をご購入ください(既設のIP電話機をご利用できる場合もありますので、ご相談ください)。
ソフトフォン+ヘッドセットでもかまいませんが、弊社ではIPハードフォンを推奨しています。
IPハードフォンは、弊社から購入可能です。

お問い合わせ・サポート

 
 

投稿日:2016年11月6日 更新日:

Copyright© 株式会社コムデザイン , 2017 AllRights Reserved.