システム構成例

既設のビジネスフォンを活かす構成

クラウド型CTIサービスは、オペレーターの電話機にIP電話を使うことが一般的ですが、CT-e1/SaaSなら、これまで使用していたビジネスフォンを継続して利用できます。
使い慣れた電話環境を利用できるので、新規のIP電話機器購入や設置等の投資コストがかかりません。

また、ビジネスフォンの機能はそのまま活用できるので、コールセンターのオペレーターの電話機から、他部署へ内線転送することも可能です。
ビジネスフォン利用のためのオプション料金は発生しません(標準ライセンスで利用可能です)。
※CT-e1/SaaSからビジネスフォンへの通話料が発生しますが、回線会社を統一することで無償化できます。詳細は、弊社までお問い合わせください。

既設のビジネスフォンを活かす構成

 

IP電話を利用する構成(新規立ち上げ向き)

オペレーターの電話機には、IP電話も使えます。
必要なのはインターネット回線、PC、IPハードフォン(音質面から、弊社指定のIPハードフォンの使用を推奨)で、新しくコールセンターを立ち上げるのに適した構成です。電話回線が不要で、ビジネスフォン等の導入もいらないため、初期導入コストを抑えることができます。
IP電話は、IPハードフォン以外に、PCでのソフトフォン+ヘッドセットの使用も可能です。

IP電話を利用する構成(新規立ち上げ向き)

 

混在環境でもOKの柔軟なシステム構成

ビジネスフォンとIP電話機が混在した環境でもご利用いただけます。
お客様の利用用途やオフィス環境、コールセンターの設置場所、オペレーターの数に応じて、柔軟に最適なシステムを構成して運用できます。

 

複数のコールセンターを一元管理

CT-e1/SaaSはお客様からの電話をクラウドセンターで受電し、コールセンターに接続します。コールセンターが複数拠点に分散していても、CTI機能を使って適切なオペレーターに接続します。もちろん、ビジネスフォンとIP電話が混在していてもかまいません。拠点の設置場所や数による制約はなく、自由度の高い構成が可能です。

さらに、コールセンター管理者は、拠点外の遠隔地からでも、インターネットを通してすべての拠点/オペレーターの受電状況を一元管理できるため、効率的なコールセンター運営が可能となります。

複数のコールセンターを一元管理

 

スマホや携帯電話も活用可能。コールセンターのBCP対策

CT-e1/SaaSは、オペレーターの受電端末として、スマートフォン/携帯電話を利用できます。震災などのトラブル発生により、コールセンターの設備が利用できなくても、インターネット環境があれば自宅や別拠点でもコールセンター運営を続行できます。コールセンターの事業継続計画(BCP)対策としても活用いただけます。

コールセンターのBCP対策

 

通話録音のみを使う

CT-e1/SaaSの通話録音機能のみをご利用いただくこともできます。CT-e1/SaaSで受電したお客様からの通話を、指定されたオペレーターの電話機につなぎ、通話録音を行います。オペレーターの電話機は、ビジネスフォンでも、IP電話でもかまいません。録音された音声は、オペレーターまたは管理者がいつでも検索して再生できます。

通話録音のみを使う

※金額、機能詳細についてはお問い合わせください

 

IVRのみを使う

CT-e1/SaaSのIVR機能のみをご利用いただくこともできます。CT-e1/SaaSで受電したお客様からの通話を、IVR(音声応答フロー)を使い、要件に適したオペレーターの電話につなぎます。既存のビジネスフォンにアドオンする形で利用できるため、大きな工事やシステム変更も不要です。もちろんIP電話での利用も可能です。

通話録音のみを使う

※金額、機能詳細についてはお問い合わせください。IVRのみの使用に、通話録音機能を付加することも可能です

お問い合わせ・サポート

 
 

投稿日:2016年11月6日 更新日:

Copyright© 株式会社コムデザイン , 2017 AllRights Reserved.