コムデザインの特徴SERVICE

03

あらゆる機能も嬉しい標準装備。
今までのCTIの概念を変えます。

独自のクラウドCTI『CT-e1/SaaS』を開発。
実務で必要な標準機能の充実、自社開発だからできる高いカスタマイズ性、
開発エンジニアの丁寧なサポート。

CT-e1/SaaSとは

CT-e1/SaaSの
メリットと特徴。

一般的なクラウドCTIのメリット・特徴に加えて、
さらに大きな3つのメリット・特徴が追加されます。

コムデザインのCTIのメリットと特徴

自由な構成

IP電話、既設PBX、スマートフォン等
自由な組み合わせで利用が可能!

プラス

柔軟なカスタマイズ

クラウドでも柔軟にカスタマイズ可能
しかもカスタマイズ費用は基本0円!

プラス

圧倒的なコスト
パフォーマンス

豊富な機能を安価に提供
トータル金額で他社と比較してください!

プラス

一般的なクラウドCTIのメリットと特徴

クラウドだから
低コスト

設備導入や保守コストが
オンプレミスより安価!

プラス

専用設備が不要

インターネットがあれば
どこでも開設可能!

プラス

スケーラビリティ

1ヶ月/1席単位で
席数の増減が可能!

常に最新サービスを
提供

クラウドだから
常に最新機能を利用可能!

プラス

物理作業不要で
設定変更

コールフローの設定や
業務設定がいつでも可能!

プラス

短納期でも対応

設備導入不要だから
最短5営業日で設立可能!

イコール

選ばれて、進歩する。

クラウドCTI

CT-e1/SaaS

機能一覧
現場で求められる機能は標準装備。
もちろん追加料金は無し。

コンタクトセンターの現場で求められる機能を“標準機能” としてご提供
必要な機能を追加料金を気にせずにご利用頂けます

お客様とつなぐ機能

ACD(分配)

ACD(分配)

お客様からの着呼後、自動的に手のあいているオペレーターや、次の応答を最も長時間待っているオペレーターなどに、順次均等に振り分けます。

IVR(音声シナリオ)

IVR(音声シナリオ)

お客様からの着呼後、電話のプッシュトーン操作により着信先を振り分けたり、必要に応じた音声ガイダンスを再生します。

待ち呼(コールキューイング)

待ち呼(コールキューイング)

センターへの回線数に対し、対応できるオペレーターの数が少ないときの着信順番を管理します。オリジナルガイダンスの再生や、待ち時間に応じた動作定義が可能です。

優先着信機能(Myユーザー)

優先着信機能(Myユーザー)

登録した電話番号からの着信を優先的に特定のオペレーターに分配したり、発信元の電話番号に応じた対応方法へ変更できます。

非通話制御

非通話制御

回線事業者が提供する話中時転送機能と組み合わせ、相手先番号によって「着信する/しない」を識別できます。

別キャリアの同時利用

別回線事業者の同時利用

複数の回線事業者を同時にご利用いただけます。拠点間の通話の定額化等、お客さまの回線状況に応じた最適な回線事業者がご利用いただけます。

既存番号の継続利用

既存番号の継続利用

すでにご利用いただいている問合せ先の電話番号をそのまま継続してご利用いただけます。

WEB連携

WEB連携

Webページでのクリックに応じて、Web閲覧者とオペレーターとを電話で結びます。オペレーター側にはWEBでの呼出で指定された情報を着信情報として通知できます。

ウィスパリング

ウィスパリング

オペレーターへの着信時に、顧客との通話前に分配先などのガイダンス音声を流します。オペレーターは、どのスキル宛にかかってきたかを理解してから応対に入れます。

通知番号選択

W通知番号選択

オペレーターが応対先に電話をかける際、相手先に通知する電話番号を選択できます。 応対ケースによって最適な電話番号を通知できます。

周辺機能と結ぶ機能

CRM連携

CRM連携

Salesforceに代表されるCRMと連携して、着信時に顧客情報を表示(着信Pop-up)、CRM画面の電話番号をクリックしての通話開始(Click to Call)が可能です。

IVR連携

IVR連携

自社内にあるシステムとCT-e1/SaaSで動作するIVRがWeb I/Fで連携することで、クラウドでありながらデータ連携が可能です。

スマホ版 クライアント

スマホ版クライアント

オペレーターが利用するアプリは、通常のパソコン版だけでなく、スマホ版も用意しました。通話と制御が1台のスマホで行え、ロケーションフリーを実現します。

既設PBX連携

既設PBX連携

既設のPBX環境もオペレーター用の端末としてご利用いただけます。PBXの内線転送も可能なので、コールセンター以外の部署に転送できます。IP電話機との混在も可能です。

SMS連携

SMS連携

IVR内や、お客様対応時に、言葉で伝えにくいことをお客様のスマホや携帯電話にSMS(ショートメッセージ・サービス)で送信できます。URLの送信等に便利な機能です。

NAT越え機能

NAT越え機能

外部からのアクセス経路を公開することなくお客様宅内LAN内のPC/IP電話と接続できるので、既存のネットワーク環境にあわせての導入が可能です。

アプリ連携

アプリ連携

WFMなどのアプリとの連携が可能です。また、AIとの連携の基礎となる音声認識サービスや、感情認識サービスなど、他のクラウドサービスとのマッシュアップも可能です。

警告ランプ連携

警告ランプ連携

警告ランプと連携して、指定した状況に応じて点灯させられます。活用例として、待ち呼数に応じての点灯があります。一目で待ち呼の発生が認識でき、オペレーターの意識向上が期待できます。

ソフトフォン利用

ソフトフォン利用

PCにインストールしたIPソフトフォンをオペレーター用の電話端末として利用できます。サービス開始時の電話端末へのコストを抑制できます。※ソフトフォンの導入が別途必要です。

業務を支える機能

稼働状態モニタリング

稼働状態モニタリング

オペレーターの稼働状況/発着信呼状況/待ち呼状況をリアルタイムで表示できます。状態の継続時間で警告を通知すれば、問題のあるオペレーターの応対をを早期に認識できます。

シートマップ

シートマップ

座席レイアウトの形でオペレーターの稼働状況を表示できるので、視認性を向上できます。

ダッシュボード

ダッシュボード

待ち呼発生数や応答率等をリアルタイムで表示します。現在の稼働状況をオペレーターと共有することでKPI達成に向け意識の向上に役立てる効果が期待できます。

レポート

レポート

発着信状況/エージェント稼働状況/発着信呼詳細等のレポートをリアルタイムで取得できます。数字で可視化し、改善のための資料としてご利用いただけます。

モニタリングアドバイス

モニタリングアドバイス

管理者はオペレーターの対応状況(会話)をモニタリングでき、相手先に聞こえないように「ささやき」でアドバイスしたり、3者通話が可能です。チャットによる支援も可能です。

通話録音機能

通話録音機能

お客様との会話は、標準で1ヶ月分の通話を録音します。各オペレーターは自分の通話履歴を確認できます。

ボイスメール

ボイスメール

お客様の要件の録音、折り返し先の電話番号の確認等機能を提供します(留守番電話機能)。ガイダンスはお客様ごとにカスタマイズが可能です。

アンケート機能

アンケート機能

お客様からの通話終了時に、アンケートを追加できます。協力していただけるお客様だけに、お問い合わせ終了後にアンケートの音声が再生されます。

エージェント間モニタリング

エージェント間モニタリング

オペ—レーター同士の状態確認や別オペレーターへのワンクリックでの転送・発信操作が可能です。オペレーター間でのテキストチャット、メッセージの一斉配信も可能です。

セキュリティ対策も万全。
冗長化・災害対策により高可用性を実現。

安心のDR構成

東日本センター以外に西日本分散拠点を設置。
震災やテロなどの際の事業継続計画環境を提供致します。

日本地図

堅牢なシステム構成

ネットワーク経路など、考えられる部分の冗長化をはかり
ビジネスに欠かせないコールセンター業務が止まらないように設計されています。

説明図

矢印

説明図

セキュリティに強い構成

ネットワーク経路など、考えられる部分の冗長化をはかり
ビジネスに欠かせないコールセンター業務が止まらないように設計されています。

説明図