顧客満足度自動測定機能

CT-e1/Call Analysis with BelugaBox

感覚での応対品質評価から、
科学的でロジカルな応対品質評価へ

『CT-e1/SaaS』をご利用中のユーザーに、リーズナブルな価格で会話解析認識機能をご提供。
専用機器などは不要で、全てクラウドサービスとして手軽に導入いただけます。
これまでは感覚的な評価や運用負荷の高いアンケートなどで測定していた顧客満足度を声をAI解析することにより手軽且つ高精度に測定することができます。

機能概要

顧客満足度を自動評価

音声の話し方の特徴と感情解析結果を基に、Empath社保有ロジック(コールセンター音声6,000ファイル超で学習済)で顧客満足度について満足、不通、不満足の3段階に弁別することができます。これにより、1通話ずつ聴取確認が必要であった応対品質評価の労力を大幅に削減し、また感覚的な評価に頼ることなく、コミュニケーターの応対品質について手軽に定量的な評価を導入することができます。

機能詳細

  • 専用ダッシュボード機能の提供により、応答率などの一般的なコールセンターKPIに加えて、満足通話率やコミュニケーターの満足通話取得ランキングなどをリアルタイムに表示します。
  • 通話録音に対して顧客満足度の高低をフラグ表示します。これにより、聴取をおこなわずに問題のある通話や手本になる通話を判別することができます。
  • ヒストリカルレポートに満足度の過去実績を出力することができます。これにより、応対品質の推移の把握や比較をおこなうことができます。

価格

初期費用150,000
月額費用利用ライセンス5,000

初期費用はCT-e1/Speech to Textと共通となります。先行してCT-e1/Speech to Textを導入頂いている場合は追加の初期費用は発生いたしません。

CT-e1/Call Analysis with BelugaBox利用ライセンスはCT-e1/SaaSのシートライセンスと同数の契約が必要です。

1か月単位での契約となります。